クラシックのピアノレッスンとの違いを体験してみてください

講師 吉澤泰男


レッスン場所

川越ジャズピアノ教室は川越駅から徒歩で通う事が出来る場所でレッスンを行なってきました。交通の便が良くないと通い続けることが大変なためです。

川越クリアモールを本川越駅方面に向かって歩き、マルヒロを通り過ぎて少し歩くと一見高級なブティックのようなお店があります。ここはkurihara musicという音楽スタジオでグランドピアノが置かれた部屋が2部屋あり、個人練習、ピアノレッスンなどに利用されています。
こちらのスタジオをお借りしてレッスンを行なっています。

 

kuriharamusic  

川越市新富町1-1-12

Googleでレッスン場所を検索する時は川越ジャズピアノ教室ではなくkurihara musicで検索お願い致します。

Google マップは現在の Cookie 設定では表示されません。「コンテンツを見る」を選択し、Google マップの Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google マップの[プライバシーポリシー]をご確認ください。Cookie の利用は、[Cookie 設定]からいつでも変更できます。

レッスンについて

川越駅近くで場所を借りて長い間ジャズピアノを教えてきました。家賃の安い場所を借りてレッスン代を安くする努力をしてきましたが防音設備がしっかりしていなくそこに住んでいる方から苦情が出るようになりました。防音設備がしっかりしたところは家賃が高くレッスン代も高くなるため生徒さんの負担も増してしまいます。ジャズピアノ教室は駅から離れた自宅で近所の子供達を教えるのとは違い大人が中心ですので、駅から離れた場所は適さないです。
町中にある一般的なピアノ教室と同じように安価でジャズピアノを教えていこうと心がけています。専門的な難しいレッスンや30分5000円以上の高額なレッスン代は避けるようにして一般の方が理解出来る通いやすい教室でありたいと日々考えてレッスンを行っています。現在レッスンしている場所は川越駅近くにある音楽スタジオです。幸いにもグランドピアノがありスタジオ代も安く自分の考えに合った場所です。

実際のレッスンの話に変わります。
その方のレベルに合わせたスタンダードジャズのテーマをまず弾いてみることから始めています。
その方が未経験者で入門レベルで弾く時は大きな音符で指番号が書いてあるジャズの楽譜を使い右手でメロディーと左手でベースを単音でゆっくり丁寧にに弾いて仕上げていきます。
初心者のレッスンはそれに和音やリズム、簡単なアドリブが加わった楽譜を使って仕上げていきます。ツーファイブワンの練習も開始します。
ピアノ経験者はブルースを中心に定番のリフを覚えてそれらを組み合わせて1曲に仕上げます。2段譜の楽譜を見てそのまま弾くことから少しずつ目をはなしコードネームを意識する練習を開始します。
コードやツーファイブの練習も積み上げたらテーマとコードだけ書かれた楽譜を使ってスタンダードジャズをイントロ、テーマ、バッキング、アドリブ、テーマ、エンディングの構成で弾き1曲に仕上げます。ここまできたらスタンダードジャズの曲をどんどんこなしていきレパートリーを増やします。


レッスン代

1時間のレッスン代金は
2000円レッスン代とkurihara musicのスタジオ代1500円を合わせて3500円


体験レッスン30分800円



問い合わせ

最初に体験レッスンを行ってからレッスンを開始していますので
希望日程
名前の入力お願いします。